エスペラント(語)

エスペラント(語)は1887年にポーランドの眼科医ザメンホフにより考案された国際語です。

ザメンホフはエスペラント博士というペンネームで国際語を発表しましたが後に「エスペラント」が国際語の名前として使われるようになりました。

エスペラントは世界の言葉を一つにしようというものでなく他の民族と交流する時に国際共通語を使おうというために考案されたもので文法は規則的で覚える単語(語源はヨーロッパの言語が中心)も少なくてすむ工夫がされています。
わずかな学習で習得ができ
世界各国に多くのエスペランチスト(エスペラント使用者)がいます。

「国際語エスペラント」という表現も使われますが、一般には世界共通語として知られており言語の一つであるという意味で「エスペラント語」という表現がよく使われています。ここでも敢えてエスペラント語と記載している部分があります。

エスペラント語はインターネットEU共通語化の動きで再び脚光を浴びており、海外、国内にエスペラント語によるWEBページもたくさんあります。
また日本語によるエスペラント語の解説や文法を紹介しているWEBページもたくさんあります。

世界規模では、オランダに本部を置き、国連やユネスコとの協力関係を持つ 世界エスペラント協会(UEA)があります。
日本代表の代表である
財団法人日本エスペラント学会(JEI)とも密接な協力関係を維持しています。

(エスペラント語には特有の字上符のついた文字もあり、例えば cに字上符のついた文字に対しては cx や c^ のような代用表記がよく使われます)

後藤斉さんのエスペラントとは もご覧ください。