第94回世界エスペラント大会参加者のための学習会

2009-03-29
関西エスペラント連盟世界大会旅行団
事前学習会担当 田熊健二

もう、関西エスペラント連盟(KLEG)の世界大会旅行団に申し込んでいただいたでしょうか。
締め切りは4月20日です。
この旅行団は、今年7月25日から8月1日まで、ポーランドのビャウィストクで開催される第94回世界エスペラント大会の全日程に参加します。
経由地のアムステルダムでは、市内観光だけでなく地元エスぺランチストと交流します。
また、ワルシャワではザメンホフゆかりの地を訪ねます。ここでも、地元エスペランチストとの交流を交渉中です。
また、私たちは、この旅行をより有意義なものにするための事前学習会を次のように計画しています。

学習会日時

月2回のペース、毎月第2と第4の土曜日14:00〜17:00
4月25日、5月9日、5月23日、6月6日〜7日、6月27日、7月11日の6回。
場所は、KLEG事務所。このうち、6月6日〜7日は関西エスペラント大会(高槻)の分科会です。
KLEG事務所に来られない少し遠方の方も、関西大会にはぜひ参加してください。
この学習会を通じて、旅行団の参加者全員が顔見知りになりましょう。
なお、この日時については、参加者の皆さんのご都合を聞いて、変更することもあります。

第1回(4月25日)では
@外国旅行に対する一般的注意、手続き、準備
ADua Bultenoの内容確認
Bこの旅行団でどんなことをしたいか
C学習会の進め方
などを予定しています。

学習内容 (案)

学習会に集まる方の希望によって内容を決めますが、とりあえず以下の案を考えています。

1.世界大会を楽しむために

@Dua Bulteno(大会申込者には送付済み)の内容の理解。
行きたいunutagaj, duontagaj ekskursojとBankedo の申し込みをします。(Antaux- kaj postkongresaj ekskursojは日程の都合で参加できません)初めての方は経験豊かな方に相談に乗ってもらいます。

A世界大会の概要。
Kongresa Libroは大会当日会場で入手することになるので、93回大会以前のKongresa Libroで概要を把握します。『エスペラントはこうして話す』藤本達生著(1000円)は会話の本ですが、世界大会のプログラムが紹介されているので参考になります。

Bザメンホフの伝記。せっかくの生誕地ビャウィストクで開かれる150年記念大会ですから、改めて伝記を読みましょう。そして何歳のときにどこに住んでいて何をしていたかを地図上に記してみましょう。ザメンホフゆかりの地を訪れたとき、より理解が深まると思います。皆さんが作成した地図を持ち寄って関西大会の分科会で確認しましょう。伝記については、図書目録2009 p5, p7を参考にしてください。

2.アムステルダムとワルシャワでの交流

経由地のアムステルダムとワルシャワでは市内観光のほかに地元のエスペランチストと交流を計画しています。交流会のときどんなことをしたらいいか相談したいと考えています。
とりあえず、以下の2点は準備しておきましょう。大会の場でも役立つと思います。
@外国人に対しての自己紹介。自分の住んでいる町の紹介(人口、面積、産業、観光地など特徴的なものを調べておきましょう)やロンド紹介をふくめて。
A日本文化・気候・風土の紹介(全般ではなく、個別に。例えば、食事、桜、日本酒、相撲、漢字・かな、など自分の興味あるものを5分程度にまとめておきましょう)
これらも分科会で発表しあいましょう。

3.観光

アムステルダム、ワルシャワでは旅行社が用意してくれた観光があります。
ワルシャワではザメンホフゆかりの地も含まれています。
これらの観光スポットについては、旅行案内書やインターネットから情報を集めることができます。できれば事前に知識を得ておきましょう。

4.外国旅行に関する一般的注意、準備、手続き
外国旅行に不慣れな方に対して説明します。

★ 私たちは、旅行団と名のるからには、旅行社が企画する数名のグループの寄り合いのようなツアーでなく、このような学習会を通じて、みんなが既に顔見知り、たのしい、思い出多い世界大会・旅行になることを願っています。