カントン包茎は本当に手術が必要なのか?

都心の青空

 

カントン包茎は手術しなければ治らないと思っている方に私自身の克服体験談をお話します。
カントン包茎は自分の力で矯正する事が出来ます。

 

当サイトはその事を少しでも多くの方に知って頂きたくて設立したサイトです。
この事には勿論ちゃんとした根拠があります。

 

なぜなら私自身が以前はカントン包茎だったからです。
そして今からお伝えする方法で自宅で自分の力でカントン包茎を克服しました。

 

私自身の体験談がカントン包茎や真性包茎で悩み手術を考えている方のお役に立てるのではないかと思い当サイトを設立しました。
このページを最後まで読み終える頃には

 

「なんだ・・カントン包茎の原因はそんなに簡単な事だったのか・・・」

 

と思われる事と思います。
と同時にカントン包茎が手術をしないで自分で矯正出来ると言う事を納得して頂けるかと思います。
10分程で読み切る事が出来る内容ですので是非最後まで目を通して頂ければと思います。

 

 

運営者からのご挨拶

 

インターネット上に沢山あるwebサイトの中からわざわざ当サイトをご訪問下さいまして有難うございます。
当サイトはカントン包茎は手術しないで治す事が出来る事をお伝えするために設立したサイトです。

 

実は私自身もカントン包茎でした。
カントン包茎は真性包茎と同じく手術が必要だと思っていました。
世間一般でも手術して治すという考え方が常識かと思います。
ですが手術は費用がかかりますし、なにより「手術は痛いのではないか・・・」という不安があり、カントン包茎は治したかったのですが行動に移せずにいました。

 

ですがインターネットで真性包茎を自分で治す事が出来る器具があることを知り、真性包茎が治せるのであればカントン包茎も治せるのではないかと思い、実際に試してみる事にしました。
そして予想していたより遥かに簡単にカントン包茎を自力で矯正する事が出来たのです。
期間は私の場合で約1カ月程かかりましたが、何より痛みが無く、誰に知られる事もなく矯正出来たので、この方法を選んで大正解だったと思いました。

 

カントン包茎の原因は本当に簡単な事です。
私がカントン包茎を治したこの方法でほとんどの方が同じ様に簡単にカントン包茎を治せると思います。
その事を少しでも多くの方に知ってもらいたく、当サイトを運営しております。

 

運営責任者 山岸 貴志
連絡先 nananan077@yahoo.co.jp
住所 東京都中野区若宮3−58−19

 

シンプルで単純なカントン包茎の原因

 

まずはカントン包茎の症状について簡単に説明したいと思います。
「症状については知っている」という方は飛ばして下さいね

 

カントン包茎の主な症状

 

カントン包茎とはペニスの皮の先端部分が狭く、皮を剥いて亀頭を出すとペニスが締め付けられてしまう症状を言います。

なんとか剥くことは出来るけど無理をして剥いているのでペニスに締め付け感などの違和感を感じる訳ですね、

 

ですが正確に言いますと、まだこの段階ではカントン包茎とは言いません。
こういった症状を包皮輪狭窄型仮性包茎と言いますが、無理に皮を剥いて時間が経つと皮が戻りにくくなる事があります。

ペニスが締め付けられると血流が滞り亀頭や包皮の一部が膨れてしまう事などが原因ですが、この状態を「カントン包茎」と言います。
カントン包茎は漢字で書くと嵌頓包茎と書きますがこの漢字の意味は戻らないと言う意味です。

 

つまり包皮輪狭窄型仮性包茎の方が無理に皮を剥いてしまいカントン包茎になるといったイメージですね、
単純にいうとカントン包茎とは無理に皮を剥いてしまって皮が元に戻らなくなってしまった状態ということです。
この状態ですとペニスが締め付けられて亀頭への血行を止めてしまいますので治療が必要な包茎と言えるかと思います。
性行為にも支障をきたしますし病院で診察を受けてカントン包茎と診断されると健康保険が適用されます。

 

これに対して非勃起時も勃起時も全く皮を剥いて亀頭を露出する事が出来ない包茎の症状を真性包茎と言います。
カントン包茎と真性包茎の原因は実は同じ原因です。
真性包茎の方がより症状の重い包茎と言えるかと思います。

 

カントン包茎の原因はペニスの皮の部分の先端部にあたる包皮口が狭い事が唯一の原因です。(真性包茎の原因も同じです。)

 

皮つまり包皮の先端部分は輪ゴムの様にリング状になっています。
リング状の包皮口が狭すぎると中の亀頭をうまく露出する事が出来ません。
カントン包茎も真性包茎も原因はたったこれだけです。

 

ですが、実はこの包皮口は自力で簡単に広げる事が出来ます。
柔軟体操をすると体がだんだん柔らかくなるのと同じで、皮膚というものは伸びるものですので、負荷をかける事で広がるのです。

 

この過程は体が硬い人が柔軟体操をする事に比べますとそれほど大変な事ではないと思います。
私の場合もほとんど痛みも感じないで実行することが出来ました。

 

この時に真性包茎を自分で矯正するための器具「キトー君」を使います。

 

包皮口を自分で広げる器具「キトー君」について

 

キトー君の画像

 

上の写真は私が実際に使用したキトー君です。
グリップを握る事により先端の口ばし状の部分が開きこれにより包皮口を広げていきます。
使い方はとても簡単なので、使い方に迷う事は無いかと思います。

 

キトー君の使い方

(写真はキトー君公式サイトより転用、掲載させて頂きました)

 

上の写真を見て頂ければイメージを掴んで頂けるかと思います。
右利きの方は右手でグリップを握るかと思いますが、この時に空いている左手で軽く包皮を押さえてあげると良いでしょう。
そうする事で皮が逃げずに効果的に負荷をかけられます。
力加減は自分で調節出来ますので、丁度良い力加減をご自分で探ってみると良いかと思います。
「効いているな」という感覚が実感出来れば使い方としてはOKです。

 

出来れば、朝晩20分程度このキトー君で包皮口を広げるトレーニングを行います。
徐々に包皮口が広がっていくのが実感出来るかと思います。

 

約1ヵ月でカントン包茎を自力で克服する事に成功

 

真性包茎の場合ですと、2カ月から3カ月程の期間がかかるとの事ですが、カントン包茎は真性包茎よりも症状が軽い包茎ですので、より少ない期間で矯正出来ると思います。
私の場合で完全に矯正が終了したなと感じられるまでの期間は約1カ月でした。

 

勃起すると自然に皮がむけていき亀頭が露出するようになりました。
また以前の様に勃起時に皮を剥いた際に感じられた亀頭が締めつけられる感覚は全く無くなりました。

 

長年にわたり悩み続けたカントン包茎から解放された瞬間でした、とても嬉しかったのを今でも覚えています。

 

この方法は手術の様に痛みもありませんし、経済的な負担も手術と比べ少なくて済みます。
誰でも簡単に自宅でチャレンジ出来る方法ですので手術というと抵抗がある方でも気軽にチャレンジ出来ると思います。
私もこの方法を知る事が出来て本当に良かったと思っています。

 

キトー君の詳細情報についてはツルマキさんの運営する公式サイトよりご確認下さい。

 

 

「キトー君」の値段について

 

キトー君には通常版である「キトー君ST」とデラックス版である「キトー君DX」の2種類があります。
値段は「キトー君ST」が9800円、「キトー君DX」が12800円です。

 

「キトー君DX」にはグリップを握った際好みの開き具合でグリップを固定する機能が付いています。
上記で紹介した写真は「キトー君DX」です。
ちなみに私は「キトー君DX」を購入しました。

 

「キトー君」の入手方法について

 

「キトー君」はキトー君の公式サイトより購入される事をお勧めします。

 

楽天やAmazonその他のECサイトなどのインターネットショピングモールで購入されますと、返金保証制度や手術代金保証制度、メール相談などのアフターサービスが受けられない場合がありますのでこの点は注意が必要です。

 

私が実際に調べてみた所、「キトー君」の値段はどのECサイトから購入しても同じでした。
ですので公式サイトから購入されるのが最も安心と言う事ですね、

 

 

上記リンクをクリックされますと公式サイトへ移動しますので「キトー君」はそちらよりお申込みする事が出来ます。

 

注文の仕方が分からない方へ

 

インターネットでのお買い物に慣れていなくて「注文の仕方が良く分からない・・」という方は注文方法を詳細に説明したページがございますので、そちらを参考にしてみて下さい。

 

 

こちらのページをご覧になって頂ければ注文方法に関しては疑問を残す事は無いかと思います。

 

「キトー君」の返金保証制度と手術代金保証制度について

 

キトー君には安心して使用出来る様に「返金保証制度」があります。
具体的な内容は「キトー君」を実際に使用して変化が感じられなかった場合商品の代金全額を返金するというものです。

 

■請求の流れ
変化がなかった場合、メールにて返金請求して下さい。
当店商品で変化が無かったと判断される場合、商品代金の全額を返金致します。
メールでお知らせする住所に商品をお送り頂きます。
公式サイトより転載

 

効果が無かった場合公式サイトに記載されているメールアドレス宛てに連絡する事で料金が返還してもらえます。
ですが、真性包茎の場合は稀に亀頭と皮が完全に癒着してしまい、器具では矯正出来ない事があるようですが、カントン包茎の場合はそういった症状はありませんので、返金保証制度を使用することはまず無いかと思います。

 

また返金保証制度を使用した場合は同時に手術代金保証制度も適用されます。
保険適用で手術を受けた場合に限り手術代金も保証してくれるというものです。

 

■請求の流れ
手術(保健適用)を受けようとする場合、事前にメールでお知らせ下さい。
使用方法に問題がなかったと判断される場合、手術代金(保健適応)をお支払い致します。
手術終了後、領収書(原本)をメールでお知らせする住所にお送り下さい。
領収書は、手術内容や薬、糸などの明細が分かる形式のものをお願い致します。
■送金方法
メールにて送金先口座情報をお知らせ下さい。
領収書を確認次第、ご指定の口座に包茎手術代金(保健適応)をお振込み致します。
公式サイトより転載

 

私自身もこういった制度があるため使用期間中もかなり安心して使用する事が出来ました。

 

キトー君の使い方について

 

キトー君の使い方はとてもシンプルですので、どなたでも簡単に使う事が出来ると思いますが、実際に使用した私の体験を記事にしましたので、使用頻度や期間また使用する上で注意点は無いのかなど疑問のある方は参考にしてみて下さい。
使用頻度や1日どの位の時間使えば良いのか、又私が気が付いた注意点などを詳しく説明しています。
こちらを読んで頂ければキトー君の使い方については、ほぼ疑問を残す事は無いかと思います。

 

 

キトー君に出会えた事に感謝

 

カントン包茎を自分で治す方法、またキトー君の説明については以上になります。
当サイトを訪問して下さった方、またこのページを最後まで読んで下さった方につきましては本当に有難うございます。

 

国外の事情は分かりませんが、現在日本ではカントン包茎や真性包茎が自分で矯正出来るという事実はあまり知られていないように思います。
現在国内でカントン包茎及び真性包茎を自力で治す事が出来る器具は当サイトで紹介させて頂いたキトー君とキトー君の類似商品であるムケル君という2つの器具のみかと思います。
私の調べる限りこの2つの器具以外の器具を発見する事は出来ませんでした。

 

キトー君が日本で販売され始めたのは2004年の事です。
それから約10年後の2013年にムケル君が販売され始めました。
ムケル君はおそらくキトー君をモデルにして作られた商品である事が予想されます。
ですのでそれ以前はカントン包茎や真性包茎を自分で治す器具は存在しなかったと思われます。
この2つの商品のうちキトー君のみを当サイトで紹介したのは他ならぬ私自身が自分で試してその効果を実感しているからです。
ムケル君もおそらく同じ効果が期待出来るかと思いますが、自分で体験していない事を紹介する事は出来ません。

 

現在日本の教育機関や医療機関で器具によってカントン包茎、真性包茎、この2つの包茎を矯正出来るというアナウンスはほとんど無いのではないでしょうか?
まだ日本では真性包茎やカントン包茎を自力で治す方法があるという事が知られていないためかと思います。

 

また真性包茎やカントン包茎に関しての情報量も少ないように感じます。
総合病院や大学病院のホームページなどを見ても真性包茎やカントン包茎について詳しく説明されていない場合が多い様に感じます。

 

実際に調べてみました

 

少しお話が脇にそれますが実際にグーグルで

 

「大学病院」

 

と検索してみました。
検索結果は住んでいる地域によっても異なりますが、私が住んでいるのは東京都中野区です。
検索結果最上部に表示されたのは「順天堂大学医学部付属練間病院」さんでした。

 

>順天堂大学医学部付属練間病院HP

 

病院のホームページを閲覧しましたが、泌尿器科の対象疾患の欄に真性包茎とカントン包茎は含まれていませんでした。

 

次に「総合病院」と検索してみました。
最上部に表示されたのは自宅からバスで15分程の「河北総合病院」さんでした。

 

>河北総合病院HP

 

ホームページを閲覧しましたがやはり泌尿器科の診療内容という項目を見ましたが真性包茎やカントン包茎については触れられていませんでした。
私もキトー君を知る前に色々な病院のホームページを調べましたが包茎に関する情報が少なくて

 

「包茎という理由で病院に行ったら迷惑がられるのではないか?・・」

 

と不安になったのを覚えています。

 

キトー君は今はアメリカやイギリスでも普及され始めています。
日本で真性包茎やカントン包茎を自分で治せるという事実が受け入れられるのはまだまだ先の事になるのかもしれません。

 

ですが私は自分自身の体験から、カントン包茎(及び真性包茎)に手術は必要ないと心から思います。
痛みが無いと言う事、そして費用も手術に比べ大分敷居が低い事、自宅で誰にも知られずに自分でマイペースに実践出来るという事、
これらの事を考えるとこの自分の力で自然に治すという方法が一番リスクが少ない方法であると私は思います。

 

もし私がこの事実を知る事が出来なければ今もカントン包茎に悩んでいたかもしれませんし、手術をしていたかもしれません。
私はこの方法で矯正出来て本当に良かったと思っています。
キトー君との出会いに感謝するとともに、この事実を少しでも多くの方に知って欲しいという思いで当サイトを設立しました。
以前の私と同じくカントン包茎で悩む方にお役に立てれば幸いです。

 

木漏れ日の画像、当サイトにご訪問有難うございました。

 

トップへ戻る